スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土器山に登りました。その4

.25 2013 登山 comment(0) trackback(0)
 さらに登ります。
ここは橋を渡らず左側を通ります。

2013_0203DA_convert_20130218174357.jpg

 最大の難所を通り抜けます。
 ヘトヘトになり写真を写す余裕がありませんでしたので、写真は無しです。
 もうちょっとだよ、がんばろうね。

2013_0203DC_convert_20130218174429.jpg

 やっと登頂です。一時間4分で登頂しました。
 前回(去年)は一時間10分でしたので、若干足が強くなりました。
 頂上は狭く、後から男女二名の登山者が登ってきました。
 ここまで55分で登頂だそうです。がっくりします。
 ただし、写真を100枚撮っていますので、一枚撮ってカメラをしま
 いまた歩き出すまでに10秒はかかります。
 そうしますと1000秒のロスになります。約16分の遅れです。
 もし写真無しで登れば、50分は切れると思います(いいわけ)。
 それと犬を写す時はしゃがんで写します。
 毎回スクワットをしているのと同じです。
 100回スクワットをしながら登りますので、きついはずですよね。

2013_0203DI_convert_20130218174557.jpg

 犬飯をガッツリ食べて、さぁ下山です。

2013_0203DK_convert_20130218174631.jpg

 途中の展望所です。
 眺めいいね。

2013_0203DL_convert_20130218174703.jpg

 これがこの山の御神体です。

2013_0203DN_convert_20130218174735.jpg

 滑りやすいから用心しようね。

2013_0203DO_convert_20130218174809.jpg

 ちょっと平坦な場所です。

2013_0203DP_convert_20130218174858.jpg

 下りは油断すると滑ります。

2013_0203DQ_convert_20130218174931.jpg

 ゆっくり行こうね。

2013_0203DR_convert_20130218175005.jpg

 大丈夫?
 大丈夫だよ。実際はかなり足にきています。
 膝ががくがくします。

2013_0203DT_convert_20130218175039.jpg

 時々足を止めてまた歩きます。

2013_0203DU_convert_20130218175111.jpg

 平坦な道がちょっとあります。ホッとします。

2013_0203DV_convert_20130218175251.jpg

 滑るから用心しようね。
 数ヶ月前、登山者がこの山で滑落して頭を強く打ち、頭から出血
 しているところを通りすがりの登山者が見つけて、救急車で搬送
 されたそうです。
 低山でも侮ってはいけません。

2013_0203DW_convert_20130218175333.jpg

 去年は同じ時期に登りましたが、誰一人出合いませんでした。
 しかし、今年は月刊誌に掲載され紹介された事もあるのか、
 20人以上の登山者とすれ違いました。
 一挙に人気の山になりました。
 確かに登り応えがある面白い山です。
 頂上でお話しした方はここ一年程は毎週登っているそうです。
 先週登った金立山とほぼ同じ標高差、歩行距離、歩行時間ですが、
 きつさは倍以上ある感じです。

2013_0203DX_convert_20130218175412.jpg

 去年登った後、忘れられない出来事がありました。その事を思い出
 しながら、帰りました。来年も楽しく元気に登りたいね。



 よろしかったら、ポチッとお願いします。これが、ブログアップの活力になっています。


にほんブログ村 犬ブログ マルックスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://puku2010fc2.blog.fc2.com/tb.php/411-a3b6bad0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。