スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚空蔵山に登りました。

.03 2014 登山 comment(2) trackback(0)
 虚空蔵山に10ヶ月ぶりに登りました。
 ここは大好きな山です。
 さぁ、早く行こうぜっ!

DSC_6816_convert_20140120183519.jpg

 ちょっとサイズが小さいですが、以前別の方向から撮った写真です。
 九州のマッターホルンとも言われています。
 かっこいいね。

2011_1222BK_2-thumbnail2_convert_20140120183941.jpg

 正面から見るとこうです。

DSC_6924_convert_20140120184020.jpg

 これを拡大しますと、頂上やや右側にテーブルのようなものが見えます。
 これは後で紹介します。

DSC_6924+-+バージョン+2_convert_20140120184045

 ここが登山口です。
 さぁ、登るぞっ!

DSC_6830_convert_20140120184147.jpg

 最初は植林の中を歩きます。

DSC_6831_convert_20140120184220.jpg

 石がゴロゴロしていて歩きにくいです。
 ねんざ注意ね。

DSC_6832_convert_20140120184251.jpg

 植林から自然林に切り替わります。

DSC_6848_convert_20140120184337.jpg

 ここは犬の墓」という中間点です。
 各所の登山口がここで合流します。

DSC_6849_convert_20140120184407.jpg

 ここから登りがきつくなります。

DSC_6852_convert_20140120184452.jpg

 どう、きつくない?
 まだまだ大丈夫だよ。

DSC_6853_convert_20140120184522.jpg

 階段を一歩一歩登ります。

DSC_6854_convert_20140120184553.jpg

 さらに勾配がきつくなります。
 ゼーゼー、ぷくちゃん、ちちょっと待って。
 息整えるからさぁ。
 
DSC_6856_convert_20140120184628.jpg

 まだまだ、きつい登りが続きます。

DSC_6857_convert_20140120184655.jpg

 分岐点が近づいてきました。
 
DSC_6859_convert_20140120184723.jpg

 一年ぶりだけど、ぷくちゃん道ちゃんと覚えているかなぁ?

DSC_6860_convert_20140120184758.jpg

 おっ、迷わず左折したぞっ!
 えらいえらい。

DSC_6861_convert_20140120184835.jpg

 勢いよく登ります。

DSC_6863_convert_20140120184909.jpg

 へへっ、覚えていたよ。

DSC_6865_convert_20140120184940.jpg

 倒木を乗り越え先に進みます。

DSC_6868_convert_20140120185136.jpg

 この先にも分岐があります。

DSC_6872_convert_20140120185238.jpg

 覚えているかなぁ?

DSC_6873_convert_20140120185315.jpg

 さぁ、どっち?
 左かなぁ?

DSC_6874_convert_20140120185350.jpg

 それとも右かなぁ?

DSC_6876_convert_20140120185426.jpg

 左だぁ!

DSC_6877_convert_20140120185515.jpg

 こっちだよね。
 そうそう、えらいぞっ!ぷくちゃん。

DSC_6878_convert_20140120185819.jpg

 さらにすすみます。

DSC_6881_convert_20140120185849.jpg

 ここが最後の急な登りです。
 鎖をしっかりつかんで登れば大丈夫です。

DSC_6885_convert_20140120185934.jpg

 もうちょっとだよ。

DSC_6887_convert_20140120190023.jpg

 最後の登りです。

DSC_6888_convert_20140120190103.jpg

 ホイホイっと。

DSC_6891_convert_20140120190240.jpg

 もうちょっとだよ、大丈夫?
 大丈夫だよ。

DSC_6893_convert_20140120190313.jpg

 着いたぞっ!

DSC_6894_convert_20140120190351.jpg

 ブルンブルン。
 去年よりもちょっと時間がかかりました。

DSC_6895_convert_20140120190500.jpg

 三角点です。

DSC_6897_convert_20140120190532.jpg

 標高608mの虚空蔵山頂上です。
 奥に見える丸いテーブルのようなものは方位板です。
 最初に紹介した頂上のテーブルのようなものはこれです。
 つまりこの先は断崖絶壁であるということですね。

DSC_6899_convert_20140120190604.jpg

 犬飯をガッツリ食べて、さぁ、下山です。

DSC_6905_convert_20140120190633.jpg

 下山時はなぜかぶれた写真ばかりになりました。

DSC_6906_convert_20140120190750.jpg

 下りの方が事故が多いので用心しようね。
 そうだね。

DSC_6907_convert_20140120191016.jpg

 こっちだったかな?
 そうだよ。

DSC_6913_convert_20140120190935.jpg

 ゆっくり下ろうね。

DSC_6915_convert_20140120191050.jpg

 無事下山しました。
 あ〜ぁ、楽しかった。

 よかったら「拍手ポチ」よろしくお願いします。
 励みになります。

スポンサーサイト

そら太朗ママ
九州のマッターホルンの虚空蔵山は見ているにはステキな山ですが、こんなに急勾配の山に登るなんてスゴイですね。
ぷくちゃんが見事に先導してくれての登山は、ブログを見ているだけでも息切れしそうでした。
そら太朗は、膝関節がゆるいので階段や坂道はなるべく歩かせないように獣医さんに言われましたが、近所の土手や階段くらいは歩かせています。
でも、この険しい登山は絶対無理だと思いました。
何より、飼い主が無理です。
aruga様が、ぷくちゃんの写真を撮りながらの健脚ぶりには脱帽です。
今回のぷくちゃんは、方向感覚もすばらしく余裕の登山でしたね。
ぷくちゃんの笑顔を見ていると、元気をいただけます。
お疲れ様でした。
2014.02.03 20:07
aruga
そら太朗ママさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

> 九州のマッターホルンの虚空蔵山は見ているにはステキな山ですが、こんなに急勾配の山に登るなんてスゴイですね。

虚空蔵山は様々なコースがありまして、今回登ったのは初心者コースです。

急峻な峰を反時計回りに(左に左に)巻くようにして登りますので、

見た目程は険しくありません。

二年前にぷくちゃんと冒険コースにチャレンジしましたが、

この時は一カ所道幅が50cmの断崖絶壁(高さ200m)があり下を見てくらくらっとしました。

頂上で犬連れで冒険コースを登ったことを話すと、びっくりされていました。

> ぷくちゃんが見事に先導してくれての登山は、ブログを見ているだけでも息切れしそうでした。
> そら太朗は、膝関節がゆるいので階段や坂道はなるべく歩かせないように獣医さんに言われましたが、近所の土手や階段くらいは歩かせています。

獣医はよくこう言って患犬と飼い主を脅しますね。

> でも、この険しい登山は絶対無理だと思いました。
> 何より、飼い主が無理です。

そんなことはないですよ。

以前は私はちょっと歩くと足が痛くなっていました。

そら太朗ママさんも出来ますよ。

> aruga様が、ぷくちゃんの写真を撮りながらの健脚ぶりには脱帽です。
> 今回のぷくちゃんは、方向感覚もすばらしく余裕の登山でしたね。

最近はリュックの中に小型犬を入れて登る人を見ます。

犬は山に連れて行くと本当に生き生きしますね。

犬の本能が呼び起こされるような感じがします。

東京には高尾山がありますね。

一度登ってみたいと思っています。

> ぷくちゃんの笑顔を見ていると、元気をいただけます。
> お疲れ様でした。

いろいろスケジュールが立て込んでいますが、

暇を見つけてまた登ります。
2014.02.04 18:54

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://puku2010fc2.blog.fc2.com/tb.php/509-ae271f33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。