スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動の再会

.12 2015 散歩 comment(8) trackback(0)
 ぷくちゃんが家に来るずっと前から、一匹の野犬と関わりがありました。
およそ6年前に雲仙にある岩戸神社近辺で、その野犬と初めて出会いました。
詳しい経緯はこのブログの過去記事である2012年2月25日と2012年3月27日
の記事を是非読んでみて下さい。左の欄の月別アーカイブから入れます。
 その野犬(通称岩戸君)とは2012年3月に会って以来、その後何回も会いにいきました
が、会うことが出来ませんでした。2014年7月10日のブログにも岩戸神社に行ったことを
アップしていますが、その時もいませんでした。今回も会えないだろうなとは思いなが
ら、また、雲仙の岩戸神社にお参りに行きました。
 ところが、今回実に3年3ヶ月振りに野犬に会うことが出来たのです。
ここが岩戸神社の入り口です。
もちろん犬の気配などありません。

P5170056_convert_20150605155912.jpg

 すぐ近くに、おいしい湧水があります。
ここです。社の裏から湧き水が出てきています。

P5170011_convert_20150605160022.jpg

 役行者様が祭られています。

P5170012_convert_20150605160207.jpg

 これが役行者様です。
 まずはお参りをして、湧水をいただきます。

P5170014_convert_20150605160328.jpg

 その後、車を移動させていたところ、突然一匹の野犬が現れました。
最初、通称岩戸君なのか判断できませんでした。

P5170016_convert_20150605160654.jpg

 近付いて確認しました。少し痩せていますが岩戸君に間違いありません。
耳を倒して、しっぽをふりふり私に近付いてきました。
岩戸君じゃないか。久しぶりだね。元気そうじゃないか。
3年3ヶ月振りの再会です。
 私のことを良く憶えていてくれたね(これが本当に嬉しかった)。
また会えて嬉しいよ。

P5170018_convert_20150605160755.jpg

 早速神社にお参りに行きます。
ぷくちゃんは、全く憶えていないのかギャンギャン吠えます(ちょっとお馬鹿さん)。
「ぷくちゃん、吠えるの止めろよ!」

P5170020_convert_20150605160904.jpg

 ちゃんと後ろを付いてきています。
気になるね、ぷくちゃん。

P5170022_convert_20150605161042.jpg

 ぷくちゃん吠えちゃダメだよ。

P5170023_convert_20150605161154.jpg

 ちゃんと後ろから、一定の距離を保って付いてきています。

P5170027_convert_20150605161302.jpg

 神社の境内に着きました。

P5170030_convert_20150605161401.jpg

 ここはいつ来ても霊気を感じます。
実に清々しくていいところです。

P5170032_convert_20150605161526.jpg

 巨木が多数あります。
 
P5170033_convert_20150605161648.jpg

 ぷくちゃん、ちゃんとお参りしようね。

P5170037_convert_20150605161740.jpg

 岩戸君がじっとこっちを見ています。

P5170035_convert_20150605161838.jpg

 さすがに今日はエサを持ってきていなかったので、ぷくちゃんのエサと私のおにぎり二個を食べさせました。
ぺろりと食べます。お腹すいていたんだね。

P5170038_convert_20150605161938.jpg

 以前より痩せています。

P5170040_convert_20150605162045.jpg

 じゃぁ、帰ろうか。
今度は岩戸君が先導します。

P5170041_convert_20150605162159.jpg

 岩戸君と比較して周囲の樹が如何に大きいかわかります。

P5170042_convert_20150605162302.jpg

 岩戸君は時々こちらを振り返りながら先導してくれています。

P5170043_convert_20150605162413.jpg

 以前と比べて痩せています。
それと、乳首が大きくなっていますので、もしかしたら出産したかもしれません。
野生で子犬育てるのは厳しいだろうね。

P5170047_convert_20150605162617.jpg

 こちらを振り返りながら、先導しています。

P5170046_convert_20150605162514.jpg

「ちゃんと来てる、こっちだよ」

P5170052_convert_20150605162818.jpg

 駐車場まで案内した後、茂みの中に消えていきました。

P5170055_convert_20150605163049.jpg

 実に3年3ヶ月振りの再会でした。
岩戸君に初めて遭ったのが6年以上前のことです。このときすでに成犬でしたので、
現在推定少なくとも7才以上(多分8才から9才)ということになります。
野犬で、よくここまで生き延びてきたものだと、感心しました。
 多分、この野犬を支援している人がいるのでしょうね。それにしても、
よく生き残ったものです。詳しい経緯は冒頭でも触れましたように、
過去ブログを参照して下さい。

 岩戸神社を案内しているところをみると、まるでここの神社の「化神」の
ようにも思えました。

 後日再び岩戸神社を訪れましたが、その時は会えませんでした。
エサをいっぱい置いて帰りました。

 よかったら拍手ポチ、よろしくお願いします。
励みになります。

スポンサーサイト

そら太朗ママ
岩戸神社の守り神のような、岩戸君に3年ぶりに再会されたaruga様の感動のが伝わってきて、私も感動しました。
こんなに山深いところに住んでいる岩戸君を気にかけていらっしゃるaruga様の優しさにも感動しました。
過去のブログを読ませていただきましたが、3年経っても恩を忘れない岩戸君とaruga様には、不思議な繋がりがあるんですね。
食べ物だけでは、至近距離に近づいてこないと思いますし、ましてぷくちゃんという番犬に吠えられても、近づいて先導までしてくれる岩戸君は、賢くて忠犬だと感じました。
これからもaruga様を始め支援者の援助で、元気で生きて欲しいと願います。
朝から清々しい気持ちになりました。
素晴らしいブログをありがとうございます。
2015.06.12 09:26
クローバーの愛
ただ、ただ感動しました。
泣けてきます。
岩戸君は守り神なのですね
どうかこのまま元気で居てくれます様にと祈ります。
心をくる素晴らしい記事をありがとうございます。
2015.06.12 10:03
⭐nagomi⭐
岩戸くん・・・どうか、どうか元気でいてくれます様に。
優しささの中に淋しそうな視線がセツナイです(/_;)
2015.06.12 22:29
ナナ
本当に痩せてあばら骨が浮き出てますね、可哀想に、しかし頭が良いワンちゃんですね
やはり野犬なので触れないんですよね?
やはり犬は人に飼われて愛情を貰えた方が幸せですよね
2015.06.12 22:33
aruga
そら太朗ママさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

> 岩戸神社の守り神のような、岩戸君に3年ぶりに再会されたaruga様の感動のが伝わってきて、私も感動しました。
> こんなに山深いところに住んでいる岩戸君を気にかけていらっしゃるaruga様の優しさにも感動しました。
> 過去のブログを読ませていただきましたが、3年経っても恩を忘れない岩戸君とaruga様には、不思議な繋がりがあるんですね。

 この犬の公開することが良いことかどうか、少し悩みましたが、

こういった犬がまだいるんだということを知ってほしいという気持ちでアップしました。

> 食べ物だけでは、至近距離に近づいてこないと思いますし、ましてぷくちゃんという番犬に吠えられても、近づいて先導までしてくれる岩戸君は、賢くて忠犬だと感じました。

 三年三ヶ月振りに会いましたので、外見が少し変わっていましたが、

間違いなく岩戸君でした。耳を倒して、しっぽをふりふり近付いてきましたので、

私のことを憶えていてくれたことに、感激しました。

> これからもaruga様を始め支援者の援助で、元気で生きて欲しいと願います。
> 朝から清々しい気持ちになりました。
> 素晴らしいブログをありがとうございます。

自宅から60km以上離れていますので、頻回には行くことが出来ませんが、

今後も会えなくても、岩戸神社に行くつもりです。

2015.06.13 10:33
aruga
クローバーの愛さん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

> ただ、ただ感動しました。
> 泣けてきます。
> 岩戸君は守り神なのですね

私にはそうとしか思えません。

それにしても3年以上会えなかったのに、ちゃんと私のことを

憶えていてくれたことに感激しました。

> どうかこのまま元気で居てくれます様にと祈ります。
> 心をくる素晴らしい記事をありがとうございます。

この犬を観察しますと、捕獲して飼うのは困難なようです。

人は好きなのですが、警戒心が強く、どんなに親しくなっても

触ることは出来ません。触ろうとすると、さっと逃げてしまいます。

同じように感じた人はいるかもしれません。

これからも、遠方ではありますが、私の出来る範囲で支援したいと思います。
2015.06.13 10:46
aruga
nagomiさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

> 岩戸くん・・・どうか、どうか元気でいてくれます様に。
> 優しささの中に淋しそうな視線がセツナイです(/_;)

私も全く同感です。

本当は事情が許せば、捕獲して自宅で飼いたいのですが、

何せ用心深く、逃げ足が速く、触らせてくれないのです。

そのため、自分の出来る範囲で支援しようと思っています。

見た目のかわいさでペットを飼うことも

癒しになりますが、岩戸君のような犬も

本当にかわいいなと思います。
2015.06.13 11:06
aruga
ナナさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。

> 本当に痩せてあばら骨が浮き出てますね、可哀想に、しかし頭が良いワンちゃんですね

はい、本当に久しぶりだったので、最初は岩戸君かどうかわかりませんでした。

しかし、よく観察すると、痩せていましたが、間違いありませんでした。

大変賢い犬で、人をきちんと見分けているようです。

また、三年以上間が空いていたのに、ちゃんと憶えていました。

> やはり野犬なので触れないんですよね?

はい、触ろうと何回もしましたが、素早く逃げます。

これがあったから、これまで捕獲されなかったのだと思います。

ものすごく用心深いです。

> やはり犬は人に飼われて愛情を貰えた方が幸せですよね

犬はきつねやたぬきと違い、遺伝子的にも人と共生する生き物ですから、

野生で生きていくのは、本来困難です。

なんとかしてあげたいと思うのは私だけではないようです。

以前、軽自動車に乗った老夫婦がエサをやっているところを見かけたことがあります。
2015.06.13 11:55

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://puku2010fc2.blog.fc2.com/tb.php/610-a6a13ef3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。